出版書籍情報 サッカーのコーディネーショントレーニング

サッカーの
コーディネーション
トレーニング

現在、ドイツに数万あるといわれるサッカークラブチームの多くは、長年にわたる研究によって体系化されたコーディネーショントレーニングを盛んに行うようになってきました。

神経一筋の連動性を高めるこのトレーニング法は、とくに神経系の発達が著しいジュニア期の選手養成過程で重視されていますが、同時に、世界のトッププレーヤーたちの精妙かつエキサイティングなプレーの基礎を築く上でも不可欠なものです。

このコーディネーション能力は、今やスポーツ選手に欠かせない非常に重要な要素になっており、その優劣が一流選手と並の選手を分ける鍵になっています。

このトレーニング法を積極的に取り入れることによって、パスやドリブル、ボールコントロールなどの基礎技術を短期間に習得させ、選手たちに内在する他のすばらしい能力をも引き出すことが可能になります。

もちろん、本書に掲載した数多くのドリルは、サッカーだけでなく、他のスポーツ種目のトレーニングにもすべて応用できます。

ペーター・シュライナー(著)
白石 豊、 泉原 嘉郎(翻訳)

2002年10月/大修館書店

アマゾンで買う